小学校受験に成功するためにはどんな勉強をさせれば良いのか

本来の受験といえば、センター試験などに代表される、主に学校で習った学習内容およびそれを発展させた内容などが、きちんと身に付いていてかつ運用できるかを問われるものです。
ただ、受験は受験でも、小学校受験において幼稚園や保育園に通っていた幼児に要求されるのは知識などではなく、自分で考える力を持っているか、最低限の礼儀が身に付いているかなどであり、本来の受験とは異なる面が多いです。
したがって、日頃からしっかりと対策を行っていれば対応することができますが、近年では小学校受験を受ける子供が多くなっているので、どれだけ対策を行っていても安心することは難しいです。それでも、全く対策を行わないよりは、正しい方法で努力した方が断然良いと思いますので、その方法を簡単に見ていきましょう。

自分の力で考えさせる能力を身に付けるためには

小学校受験は、普通の受験のような、知識をたくさん知っていたら突破できるというものではありません。中にはそういった傾向の内容も存在しますが、それよりも自分の力で考えさせる思考力や発想力を試される内容が多いです。
小学生にも満たない子供に、自分の力で考えさせる能力を身に付けさせるのは難しいと思う人が多いですが、成長して先入観などを持つ大人よりも遥かに柔軟な思考力や発想力を持ち、純粋に考えることができるので、やり方さえ間違えなければしっかりと育てることは可能です。たとえば、一般に確実な答えがない問題や、答えが複数存在する問題などを考えさせて、それが合っているか否かは関係なく、自分の意見や考えを持たせるようにしましょう。
様々な視点から考えられるようになれば、かなり柔軟な思考力や発想力を身に付けることができます。また、日頃から様々なジャンルの本を読ませるようにすると、読解力や創造力も効果的に身に付けることができます。

最低限の礼儀を身にけるためには

小学校の受験の一つとして、面接試験があります。知識や経験などではなく、小学生にも満たない子供であっても、それなりの最低限の礼儀が身に付いているかを重点的に見られる傾向があります。これは子供に限らず、成長した子供や大人にも当てはまることですが、礼儀や作法というのはすぐに身に付くものではなく、またそれらに関する知識があっても、実行できるかどうかは別です。
したがって、日頃の日常生活において、常に礼儀を意識して過ごさせることが重要になります。そのためには、子供がしっかりと真似できるように、まずは親をはじめとする大人がしっかりとした礼儀を意識することが大切です。作法や言葉遣いというのは、身に付けるまでは大変ですが、身に付いた後は自然とできるようになるので、根気強く努力していきましょう。