小学校受験に向けて準備しておく事

自分の子どもに対して、できるだけ早い時期から子どもの個性にあった専門教育を受けさせたい、と考えておられる親御さんが多くなっています。そして地域の公立学校よりも、私立や国立の小学校に入ったほうがその目的を果たせると考え、小学校受験を考えるわけです。
また、一口に小学校受験といっても、個々の学校で様々な特徴もあります。特に大きいのは小学校入学後の進路の問題でしょう。学校によって教育方針も異なり、ミッション系の学校などでは宗教的な考えも入ってきます。もちろん、自宅からの通学が可能であることは大きな要因になってくるでしょう。最近は共働き世代なども増えているので、授業が終わったあとの子どもの活動の場ということも大きなポイントになってきています。これらのことを加味して受験校を選ぶ必要が出てくるわけです。
そして、受験生といってもまだ小さな子どもです。そのため保護者の影響というのが受験対策にはものすごく大きな影響が出ます。そのあたりの心構えということを理解しておくことが大切になってきます。

どの学校を受験するかのポイント

私立や国立の小学校の場合、たいていは中学、高校、大学といった一貫教育を行っていますが、必ずしもストレートでいけるわけではありません。
たとえば、女子大学の附属小学校の場合、小学校段階では共学ですが、男子は中学校以降、どこかに受験する必要が出てきます。これは極端な例ですが、国立校では中学がないところもありますし、小学校によってはストレート進学を考えるよりも、中学校での受験対策ということに力を入れているところもあります。
このあたりの進路情報は、事前に調べておくことが大切です。また、高校あるいは大学までの一貫教育であっても、進学率が100%というのは案外少なく、途中でテストがあるケースもあります。あえて別の学校を受験するという子どもも存在します。このあたりの進路情報は、前もって確認しておくと良いでしょう。

保護者は受験対策をどう考えればいいか

小学校受験をするにあたって、保護者はどのような受験対策に臨めばいいでしょうか。一番の近道は幼児教室に通わせることです。それは中学、高校の受験で子どもを塾に通わせるようなものです。幼児教室では、年少クラスから順次、言語、数、推理力、一般常識や運動など、受験に関係する内容を身につけられるようになっています。
私立や国立の小学校が多く存在する大都市圏ではこういった幼児教育が複数存在し、それぞれに特徴がありますが、最近は比較ネットや口コミサイトなども存在するので、そうしたものを利用して選択することができます。
あとは、やはり保護者と子どもとのごく普通の関係の中から基礎的な学力であったり社会的能力というものが身につけられるという要素が大きいので、保護者があまり神経質になりすぎず、おおらかな気持ちでともに受験に臨む、ということも案外大切かも知れません。