子供に小学校受験を受けさせた方が良い理由

少子化の影響で少し前に見られた過酷な小学校受験戦争はやや安定化に向かい、小学校受験は今が狙い目とも言われています。少子化は親の教育熱心さにも影響を及ぼしており、高学歴の親が増えたこととも相まって、早い時期から将来を見据えた教育をしている家庭も珍しくはありません。
受験に合格するためには、幼稚園の時期からの準備が必須になってきており、より有利な教育を受けられる幼児教室には人気が集まっています。小学校から私立に通わせることは決して少なくない費用が掛かります。今や子供の教育は聖域ではなく、貧困のためにまともな教育を受けられないまま成長し、高校は自分でアルバイトをしながら通うことができても、大学進学は諦めるしかない子供も大勢いる社会になってきています。
そんな中、蓄えが潤沢にあるエリートはもちろん、一般の生活レベルの方であっても、親の生活レベルを落としてでも子供のために投資をすることは決して無駄にならない最良のお金の使い方と言っても過言ではありません。

小学校を受験させるメリットとは

小学校受験をする最大のメリットは進学です。受験に合格すれば、ほとんどの場合内部試験に通るだけで中学、高校、大学にエスカレーター式に上がっていくことができます。過酷な受験勉強や、塾通いから解放されて精神的に厳しい経験をしなくても済むのは最大の魅力です。
当然ながら高等教育に進むほど学習の難易度は上がるため、さほど大変ではないうちに学習の習慣を身につけることができ、基礎をしっかり学ぶことはその後の人生に役立つことでしょう。また私立は学校ごとの独自の教育方針や学習内容を持っていることが多く、画一的でない個性に合った教育を受けられるのもメリットです。私立の先生は公立のように頻繁に異動があるわけではないので、質も安定し一定の教育レベルが維持されているのも良いところです。

小学校を受験させる際に気を付けること

小学校の受験に合格すると、学費、入学金、寄付金など多くの費用が掛かります。一般的に年間100万円程はかかるケースも多く、6年間で600万円となり、さらに進学すればより多くの費用が必要です。資金管理は綿密にして途中で息切れしないように配慮しなければなりません。
小学校の受験には幼年期からの教育が必要になるため、学習に対するモチベーションを維持することが大切です。そのため、親がプレッシャーを与えるのではなく、子供の集中力をみながら褒めたり盛り上げたり、ときに気分転換をしながら上手く誘導していくことが必要とされます。また、幼稚園のほかに幼児教室に通うご家庭が多いので、そこで刺激を受けたり情報交換をするのも良いでしょう。こういったことを踏まえながらも、受験に合格することは大きなメリットがあります。しっかりした計画と前向きな心を忘れずに取り組むことをお勧めします。